読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その名はソニック

主に「ソニック」シリーズに関することを書く完全な自己満ファンブログです。

SA2の「ESCAPE EROM THE CITY」の歌詞を紹介&和訳してみた

f:id:zukasann:20160411164805p:plain

 

軽く紹介

「ESCAPE FROM THE CITY」はソニックアドベンチャー2の CITY ESCAPE というステージのBGMです。ソニックシリーズのBGMの中でもたぶんトップクラスの人気と知名度なのでは。

以下、歌詞と邦訳です。間違いがあったら遠慮なく指摘してください。

歌詞

Rolling around at the speed of sound
Got places to go, got to follow my rainbow
Can't stick around, have to keep movin' on
Guess what lies ahead only one way to find out

Must keep on movin' ahead
No time for guessin', follow my plan stead
Trusting in what you can't see
Take my leed I'll set you free


Follow me - Set me free - Trust me
And we will escape from the city
I'll make it through
Follow me - Set me free - Trust me
And we will escape from the city
I'll make it through prove it to you
Follow me

Danger is lurking around every turn
Trust your feelings, got to live and learn
I know with some luck that I'll make it through
Got no other options only one thing to do

I don't care what lies ahead
No time for guessin', follow my plan instead
Find that next stage no matter what that may be
Take my lead I'll set you free

(※repeat)

Follow me
I'll make it through...

日本語訳

音速で走り回ってる
行先を求めて、虹を追いかけてくんだ
じっとしてる場合じゃない、走り続けないと
何が待ち受けてるか、探すんならこの手に限る

前だけを見て突っ走るんだ
悩んでる暇はない、オレにいい考えがあるぜ
今はわからなくてもいい
オレに任せろ、オマエを自由にしてみせる


ついてきな 好きにさせてくれよ オレを信じてみろ
一緒にこの街を抜け出そう
やり遂げてみせるさ
ついてきな 好きにさせてくれよ オレを信じてみろ
一緒にこの街を抜け出そう
やり遂げるさ 証明してみせるよ
さあついてきな

危険ってのはどこにだって潜んでる
直感を信じろ、冒険はいつも新しいんだ
運が良ければ何とかなるだろ
やるべきことはたった一つさ

何が待ち構えてようとお構いなしだ
悩んでる暇はない、オレにいい考えがあるぜ
お次はどんなステージか、なんだろうと乗り込んでやる
オレに任せろ、オマエを自由にしてみせる

(※くりかえし)

オレについてきな
必ずやり遂げてみせるさ

解説&まとめ

CITY ESCAPE はソニックがGUNから逃走して街を駆けるというステージ。
名作と名高いSA2の中でも、特に人気の高いステージとBGMですからね。このページを作ってて思い出がよみがえってきました。いやー懐かし。

邦訳するにあたって、今回はかなりいろいろな方の訳を参考にさせていただきました。やっぱり人によって差があるので面白いですね。それらを踏まえて、なるべく自分の力で訳そうとしてみたつもりです。
私は『live and learn』という部分に悩まされた。直訳すると『生きて学ぶ』。でもこれではちょっと味気ないかなあ…。
『長生きするほど新しいことを知る』という意味もあるようです。要するに『人生は新しいことばかり、だから一生勉強なんだ』的なことかと解釈し、ここでは『冒険は常に新しい』という感じで超意訳しました。変かな…?

「みんなで決めるゲーム音楽ベスト100」でも毎回上位に入ってます。おめでとう!

www21.atwiki.jp